『シンガポールと熱狂』とは

シンガポールと熱狂

-シンガポールの裏側の魅力を伝えたい-

そんなビジョンで誕生したのが、『シンガポールと熱狂』です。

どのガイドブックを読んでも、大きく取り上げられるのはマリーナベイサンズ、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、セントーサ島・・・いわゆる「シンガポールのキラキラした部分」だけ。

シンガポールは東京23区と同等の小さな国なので仕方がないのかもしれません。

しかし「東京」が日本のすべてじゃないのと同様に、「マリーナベイサンズやセントーサ島」がシンガポールのすべてではありません。

たとえば、シンガポールにこんなスポットがあるのはご存知でしょうか。

  • 人口100人以下のシンガポールの最後の村(ウビン島)
  • 第二次世界大戦中に戦死した何千もの日本人兵士が眠る日本人墓地(日本人墓地公園)
  • 野生のサル、ニワトリ、トカゲが生息し、ありのままの自然が残っている公園(マクリッチー貯水池)

日本と同じでシンガポールにもディープで面白いスポットはたくさんあるんです。

このメディアはガイドブックに載っているお馴染みのシンガポールに留まらず、ディープで面白いシンガポールの魅力を発信します。

  • まだ注目を浴びていない、隠れた観光スポット
  • 日本人観光客が知らない、激うまレストラン

これらの情報をベースに、地下鉄のきっぷの買い方、レストランでのお会計の仕方など基礎情報や定番の観光スポットなどもご紹介しています。

『シンガポールと熱狂』の理念

当メディアは以下の理念に基づいて情報を発信します。

理念

  1. 読者にとって、有益な情報を発信する
  2. 拝金主義にならない。あくまで読者を第一に考える
  3. 記事に”魂” が籠もっていない、つまらない記事を掲載しない

大切にしている理念は「読者のためであり続ける」ことです。

シンガポールについて発信している多くのサイトは「お金稼ぎ」が主目的になっているように感じます。お金は生きていくために必要。大切ではありますが、当メディアは読者が損を被るようなお金稼ぎに走りません。

例えば、マリーナベイサンズホテルは公式サイトが最安ですが、多くの口コミサイトやブログはホテル予約サイトでの予約を勧めています。なぜなら、サイト運用者にとってそれがお金になるからです。(予約が確定されると、ホテル予約サイトから運用者に紹介料が支払われます)

しかし、読者にとってベストなのはお得に予約することその他ありません。事実を歪曲し、読者に損を被らせることは当メディアの理念に反します。

『シンガポールと熱狂』は読者第一に情報を発信することを約束します。

『シンガポールと熱狂』の強み

  1. 在住者目線でのコンテンツ制作
    実際にシンガポールに住んだ経験のあるライターによる”生きた”情報発信を行っています。
  2. テキスト×動画を組み合わせたコンテンツ
    文字だけでなく動画コンテンツも用意しています。
  3. ガイドブックに掲載されていないディープな観光情報の掲載
    在住ライターによるディープな観光アクティビティを発信しています。

最後に

『シンガポールと熱狂』のこだわりは、在住者もしくはシンガポールが大好きなライターが書いているという点。シンガポールを愛してやまないぼくたちが、信頼できる生の情報をお届けします。

まだオープンしたばかりでサイトのデザインもコンテンツも発展途上ですが、随時よいサイトに仕上げていきますし、継続的に更新していきますので、ブックマークの登録とSNSのフォローを是非、よろしくお願いいたします。

シンガポールと熱狂 編集長 ジブリおじさん

>>TOPにもどる
>>広告掲載について

運営者情報

ぼくたちは、シンガポールが大好きです。

多彩で美味しい食事から、気さくでおおらかな人々まで。シンガポールにはひとことで片付けられないほどの魅力があります。

ぼくたちがこのサイトを運用する理由は「好きなシンガポールの魅力をもっといろんな人に知ってほしいから」、それだけです。

東京からシンガポールまでのフライトはわずか7時間。意外にちかく、時差も1時間しかありませんので少しでも興味を持ったらぜひ起こしください。

不明点や気になることは各記事のコメント欄に残していってくださればメンバーが回答します。

運営者情報:

ジブリおじさん(記事一覧)
このサイトの運営者。4年勤めた会社を辞め、その後 世界旅行で初めてシンガポールに訪れる。洗練された街並み、美食、多種多様な文化に魅力を感じ2018年1月にシンガポールに移住。詳しいプロフィールはこちら。