ノーサインボードのチリクラブを食べよう!値段、味、コスパは高い?

ノーサインボード 外観

こんにちは!ノーサインボード・シーフード・ビボシティ店のアクアリウムに夢中になっているジブリおじさんです。

「ノーサインボード・シーフード(No Signboard Sea Food)って実際どうなの?美味しいの?値段と味は?」

と気になってしょうがない読者さまのために、身銭を切って看板メニューのチリクラブを食べてきました!

この記事ではノーサインボードの、

  1. チリクラブのレビュー
  2. お店の外観・内観の雰囲気
  3. 値段とサービス

についてご紹介していきます。シンガポール旅行の参考にしてみてください!

【まとめ】ノーサインボード・ビボシティ店の特徴:

  • 高級感と清潔感のある店内
  • 予算は一人あたり3,500円〜6,000円
  • チリクラブは日本人の口にも合う「ピリ辛&コク旨」テイスト
タップしてお店の詳細を表示する
名称:No Signboard Seafood Restaurant
住所:1 Harbourfront Walk, #03-02 Vivo City, Singapore 098585
備考:Vivocity店のほかに、ゲイラン本店、Clarke Quay店、The Esplanade店もある
アクセス:地下鉄HarbourFront MRT直結のVivo City3階
営業時間:11:00-22:30
電話番号:+65 6376 9959
地図:

ノーサインボード・シーフード・ビボシティ店の外観・内観

ノーサインボード 外観

ビボシティ(Vivo City)はハーバーフロントにあるショッピングモールですが、ノーサインボードはその3階のテラスにあります。

ノーサインボード 内観

店内は広く高級感があり、大人な雰囲気です。

ノーサインボード ビボシティ 内観 席

電話予約時に「窓際で!」と伝えるとこんな感じの席を用意してくれました!

ノーサインボードのメニューと値段。チリクラブはいくら?

ノーサインボード メニュー 値段 料金 価格 予算

メインのチリクラブの値段はいくらなのでしょうか?カニの種類(産地)によって前後します。

  • カナダ・ダンジネスクラブ:$128
  • オーストラリア・スノークラブ:$298 $338 $288
  • スリランカ・クラブ:時価
  • アラスカ・キングクラブ:$220

値段は1キロあたりの料金になっているので注意しましょう。どのくらい頼めばいいかわからない場合は店員に相談ください。適切な量で調理してくれます。

カニの種類を選んだら、次は味付けを選びます。
実はチリクラブ以外にも「白胡椒」「バター」「蒸すのみ」「生姜&ネギ」などの調理方法が。豊富なバリエーションから選べるのは嬉しいですよね。

はじめての場合は看板の「チリクラブ」。何回か食べたことがあって他の味も楽しみたい場合は「白胡椒」がおすすめです!

ノーサインボード メニュー 値段 料金 価格

ちなみに、チリクラブ以外にも色んな料理があります。

ぼくたちが最終的にオーダーしたのは、

  • チリクラブ(スリランカ・クラブ)
  • マントウ(饅頭)
  • シーフード・フライドライス

値段は全部で$178(約14,000円)となりました。4人で行ったので一人あたり3,000円ちょっとですね!

ノーサインボードの食レポ・レビュー!味、値段についてご紹介

チリクラブ ノーサインボード

テーブルに運ばれた巨大なチリクラブは見た目からして既においしそう。カニとチリのいい香りもしています。

参考:これを見たぼくの顔(タップで展開)

ノーサインボード 手袋

さて、無料でもらえるプラスチックの手袋をはめて、いざ食します!

チリクラブのソースは甘めでトマトの酸味が効いている

ノーサインボード チリクラブ メス
メスのカニをオーダーすると濃厚な卵も楽しめる

チリクラブの味の決め手であるチリソースは、少し甘くて酸味のあるタイプ。スパイシーすぎないので、「辛いのが苦手」という方も美味しく食べられます。

カニの身も弾力があり、濃厚なチリソースとよく絡みます。

チリクラブ ノーサインボード レビュー

参考:食べたときぼくの顔(タップで展開)

そして、日本人にとって一風変わった”コレ”も頼みましたよ!

ノーサインボード マントウ チリクラブ

マントウと呼ばれる揚げドーナツみたいな食べ物です。少し甘いのですが、これがピリ辛のチリソースに合うんです!

ノーサインボード マントウ
チリクラブのソースに漬けて頂くのが現地流

少し変わってますが、現地では「チリクラブと絶対に一緒に食べる!」というほど定番なので、ノーサインボードに来たらぜひ頼んでみてください。

シーフード・フライドライス(チャーハン)

ノーサインボード シーフードチャーハン

レタスがふんだんにトッピングされたこちらは、『シーフード・フライドライス』。プリプリのエビとほのかに甘みのあるチャーシュー・ポークもたくさん入っています。

こちら、そのままでも十分おいしいのですが、チリクラブのソースをかけて頂くのがおすすめです。

濃厚なチリソースがチャーハンに絡んでとても美味しいですよ。

ノーサインボード・シーフードのチリクラブはコスパが高くておすすめ♪

以上、ノーサインボード・シーフード(No Signboard Seafood)のチリクラブのご紹介でした。

Vivo CityだけでなくGeylang(ゲイラン)、Clarke Quay(クラーキー)、エスプラネード(Esplanade)にもありますので、気になった方はお近くのエリアでぜひ行ってみてくださいね。

お店の詳細:
  • 名称:No Signboard Seafood Restaurant
  • 住所:1 Harbourfront Walk, #03-02 Vivo City, Singapore 098585
  • 備考:Vivocity店のほかに、ゲイラン本店、Clarke Quay店、The Esplanade店もある
  • アクセス:地下鉄HarbourFront MRT直結のVivo City3階
  • 営業時間:11:00-22:30
  • 電話番号:+65 6376 9959
ノーサインボード 手袋
最新情報は編集長のジブリおじさんが呟きます♪
スポンサーリンク