【保存版】シンガポールのトイレ事情

  • シンガポールのトイレはどこにあるの?
  • 紙は流せるの?
  • 綺麗なトイレを教えてほしい
ジブおじ
これらはシンガポール旅行を予定されている方は気になりますよね。

この記事では、渡航前に知っておきたいシンガポールのトイレ事情を在住者が解説します。

日本とシンガポールのトイレの違い

シンガポールのトイレの特徴を簡潔にまとめたのが以下です。

  • 清潔度は日本に劣るが周辺国より綺麗
  • トイレットペーパーはそのまま流せる
  • MRT(地下鉄)の改札の外やモールに必ずトイレがある
  • モール内のトイレは基本的に綺麗
  • 有料の場合がある(10セント〜)
  • 個室トイレに紙がない場合がある
  • ウォシュレットは基本ついていない

詳細についてご紹介していきます。

きれいなトイレはどこにあるの?用を足せる場所の探し方

シンガポールのきれいなトイレ

トイレの場所がわからない!

という方はご安心ください。シンガポールでトイレを探すのは簡単です。

  1. モールの中
  2. MRT(地下鉄)の改札の外 ※日本と異なり、改札内にはありません
  3. ホーカーズ(屋台街) ※有料の場合も(10¢~)

上記に必ずトイレがあるため、「シンガポール旅行中にトイレが見つからなくて困った…」となることにはほとんどなりません。ちなみに、上記は清潔度順に並べているので一番きれいなのはモールになります。

なお、日本と違いシンガポールのコンビニにはトイレがありませんので上記のいずれかで探すようにしてください。

シンガポールのトイレは綺麗
モール内のトイレ

モール内のトイレであれば日本ほどではありませんが比較的綺麗です。ウォッシュレットは基本的にありませんが、問題なく利用できます。

また、観光地であれば清潔な傾向にあり、例えばマリーナベイサンズのモールはとても綺麗。トイレの数自体も多いので安心して利用できます。

ジブおじ
なお、トイレの場所を聞く際は「Where is toilet?」で通じます。シンガポールでは英語が基本的に通じるので、台湾などと異なり中国語を覚える必要はありません。
要チェック!トイレを流さないのは違法
シンガポールは罰金大国として知られていますが、実はトイレを流さないのも違法。見つかれば1000ドル(8万円)以下の罰金になります。ほかにも禁止エリアでの喫煙やガムの持ち込みなど細かい罰金制度があります。

トイレットペーパーの紙は流せる

シンガポールのトイレは中国や台湾などと異なりトイレットペーパーを流せます。流し方は日本と一緒で、ふつうにトイレに流すだけです。

ジブおじ
アメリカの一部の州みたいにトイレが詰まることもほぼないので水のインフラは世界的にみてかなりいいほうです。

ただし、一部の個室トイレにはトイレットペーパーが備え付けられていません。その場合は、トイレの外からトイレットペーパーを調達する必要があるためご注意ください。(無料)

シンガポールのトイレットペーパーは外にある場合も
China Town MRTのトイレ。入り口のドア隣にトイレットパーパーがある

China Townだけでなく、地下鉄内のトイレはこのパターンが多いです。

シンガポールのトイレは無料!しかし一部有料のも…

シンガポールのトイレは基本的に無料の場合が多いですが、極一部のモールやホーカーズは有料です。たとえばミシュラン多数のChina Town Complex Food Centreはトイレを利用するのに10¢〜(8円)支払う必要があります。

シンガポールの有料トイレ

有料の場合は写真の通り、料金を回収している方がいるので見分けが付きやすいです。

ジブおじ
こういうトイレは有料ではありますが、決して綺麗ではありません。我慢できるなら地下鉄かモール内のトイレで用を足しましょう!

以上、シンガポールのトイレ事情でした。旅行前に知っておきたい情報は以下『基本情報』のカテゴリにまとめているのでチェックしてみてください。

シンガポールの観光チケットをお得にゲット
シンガポールの観光チケットが最大52パーセントOFF
楽天グループのクーポンサイト『Voyagin』でシンガポールの観光チケットを最大52%OFFでお得に購入可能!ユニバーサルスタジオ・シンガポールナイトサファリをはじめ約80種類のチケットが定価より安く販売されています。
在住者の編集長も毎回Voyaginで割引チケットを購入!当サイト推奨のチケットサイトです。
更新情報はツイッターでお知らせします♪
スポンサーリンク