【ミシュラン多数】チャイナタウン・コンプレックス・ホーカーズ

シンガポールのチャイナタウンに存在する巨大ホーカーズChina Town Complex(チャイナタウン・コンプレックス)。260店舗以上を構える、シンガポール最大のホーカーズです。

中心地からのアクセスがよく、China Town MRTからわずか徒歩3分程度。多数のミシュランガイド掲載店を気軽に味わえるグルメの宝庫として、観光客だけでなく地元民にも昔から愛されています。

この記事ではチャイナタウンコンプレックスの概要、アクセス(行き方)、人気店、おすすめ店などをご紹介していきます。

▶動画で見る:チャイナタウンコンプレックスおすすめグルメ

チャイナタウン・コンプレックス・ホーカーズの基本情報

名称China Town Complex Food Centre(チャイナタウンコンプレックス・フードセンター・ホーカーズ)
営業時間店により異なる(大体11:00~22:00)
住所335 Smith St, シンガポール 050335
アクセスチャイナタウン駅から徒歩2分
アウトラムパーク駅から徒歩6分

チャイナタウンコンプレックス

営業時間は店舗によりけりですが、11:00〜19:00までに行けば大体のお店が営業しています。

なお、チャイナタウンコンプレックスは実はホーカーズだけの施設ではありません。

  • 地下1階:ウェットマーケット(野菜、果物、肉などの市場)
  • 1階:お土産屋、衣服屋など
  • 2階:ホーカーズ(屋台街)

このような構成になっているため、一通り歩いて見て回るのも楽しめます。2階のホーカーズに有料トイレがあります。

とても広く迷いやすいため、これからご紹介するお店に伺う場合は以下を参考にしてください。

 お目当ての店舗の探し方

  1. お店の番号を覚えておく(例:#02-〇〇〇)
  2. ホーカーズ内にある地図を参照し、お店に行く
ジブおじ
こうしないと本当にお店が見つかりませんのでご注意ください。

チャイナタウン・コンプレックス・ホーカーズの人気&おすすめグルメ

チャイナタウン・コンプレックスの人気&おすすめグルメをご紹介していきます。実際に行かれる場合はお店番号を控えておくことをおすすめします。

ホーカーチャン(Hawker CHAN)のチキンライス

ホーカーチャン・シンガポール

まずはじめに紹介するのはチャイナタウンコンプレックスのホーカーズ内で1番の大行列を作っている『ホーカーチャン(Hawker CHAN)』のチキンライスです!(屋台番号:#02-126)

ホーカーチャンはミシュランガイドシンガポール2016年版にて、屋台料理(ホーカーズ)として世界初のミシュラン1つ星を獲得。以降、今年含め4年連続で星を保持しています。

現在はジャカルタ・ロンドン・メルボルンにも進出。世界一安くて気軽に行けるミシュラン星付き屋台として話題になっています。

ホーカーチャンはミシュラン一つ星獲得
ホーカーチャンのチキン

ぼくは今回、お昼のピーク時を過ぎた平日の午後1時に行ったのですが、それでも周りを圧倒するほどの行列ができていました。

ホーカーチャンの行列
お店は常に並んでいる

結局30分並んでお目当てのチキンライスにありつくことができました!

ホーカーチャンのチキンライス

こちらがHawker CHANのチキンライス『Soya Sauce Chicken』(S$2.8)です。このボリュームで250円以下はとっても安い!

さて早速食べていきます。

ホーカーチャンのチキンライス

気になるお味ですが…あれ?お米にチキンの味と香りがしません。

食べて初めて気づいたのですが、ホーカーチャンのチキンライスはシンガポールでよく食べられる海南鶏飯(ハイナン・チキンライス)とは全くの別物。

海南鶏飯はお米を鶏のダシで炊くので、味わい深く香りも良いのですが、ホーカーチャンの場合はただの白米。普通のチキンライスと思って食べると面食らいます。

お米はひとまず置いておいて、チキンを食べてみましょう!

ホーカーチャンのチキンライス

チキンは柔らかく、味付けもしっかりしていて美味しい!定番のチリソースとダークソーヤソースにつけて食べるとより味わい深くなります。

ホーカーチャンのダークソイヤソース

チャイナタウンコンプレックスの一番の人気店ですが、正直30分並ぶほどの価値はありません。
チキン自体の味は悪くないのですが、似た料理を食べるならマックスウェル・フードセンターにある『天天海南鶏飯』かそのお隣の『Ah Tai』のチキンライスの方がおすすめです。

ジブおじ
行く場合は比較的空いている開店前かお昼のピーク時を過ぎた時間帯に行くのがおすすめです!
名称Hawker CHAN(ホーカーチャン)
営業時間10:30 〜15:30
定休日水曜日
屋台番号#02-126

Lian He Ben Jiのクレイポットライス

Lian He Ben Ji

こちらは地元民に大人気、広東風の伝統的なクレイポットライスがいただける『Lian He Ben Ji Clay Pot Rice』です。(屋台番号:#02-198/199)

クレイポットライスは、いうなれば日本の土鍋ご飯。お米と一緒に鶏肉、中国の干しソーセージ、チンゲンサイなどが土鍋で炊き上げられる料理です。

Lian He Ben Jiは1979年に開業し、30年以上の歴史がある老舗。ここのクレイポットライスは注文を受けてから一つ一つお米を炊き上げるところから調理を開始するため、提供まで40分以上かかります。しかし、これが絶品なんです。

16:30に正式にオープンするのですが、16時には既にたくさんの人!

オープン直後に地元民で賑わう
厨房
厨房

見ての通り、ひとつひとつ土鍋で調理されています。40分以上待つので、待っている間に他の店舗で食べたり、周辺を観光すると良いでしょう。

Lian He Ben Jiのクレイポットライスが運ばれてきました!ふたを開けた瞬間、香ばしいかおりが食欲をそそります。

まずは熱いうちにすばやくかき混ぜましょう。

ダークソースの色がまんべんなくつくまで混ぜるのがおいしく食べるコツです。かけすぎてしまうと素材の味が感じられなくなるので、初めはあまりかけすぎないようにしましょう。

一口食べると…

素晴らしいの一言!チキンの旨味、甘い中華ソーセージ、豚肉、生姜、にんにく…すべてが口の中でハーモニーを奏でますします。

後半はご飯にソースを追加して、野菜も投入!おこげも混ぜて食べると、もう止まりません。

ジブおじ
これだけ手間がかかってS$5(約400円)は破格。一人で食べると量が多いので、二人ぐらいで分けて食べるのがおすすめです。
名称Lian He Ben Ji Clay Pot Rice
営業時間16:30〜22:30
定休日木曜日
屋台番号#02-198/199

\絶対に失敗しない!グルメMAP発売中/シンガポールのおすすめ&おいしいグルメマップ

 

Zhong Guo La Mian Xiao Long Baoの水餃子&小籠包

Zhong Guo La Mian Xiao Long Bao

こちら「Zhong Guo La Mian Xiao Long Bao(屋台番号:#02-135)」もミシュランガイド掲載店。餃子と小籠包が人気のお店です。

早速食べていきます。まずは水餃子(10個S$10.5)から!

中身はニラがたっぷり入っていて、お肉に少し甘みがあります。皮がつるんとしていて中はプリプリ!

生姜に黒酢を合わせたタレと一緒に食べると、なお美味しくいただけます。お好みでチリソースと食べるのもおすすめです。

続いては小籠包(S$6.50)。

チャイナタウンコンプレックスの小籠包

中身のお肉は水餃子と似た甘めの味なのですが、違いは噛んだ瞬間に溢れ出す肉汁!

チャイナタウンコンプレックスの小籠包
思わずこぼれる笑み

中身のスープが一切逃げていないので、アツアツの肉汁が口の中で爆発します。

両方ともペロッと食べれちゃいました。餡はすこし甘めですが、おいしかったです。

ジブおじ
日本ではこの値段でこのクオリティの水餃子と小籠包を食べることはなかなかできないので、ぜひ食べてみてください!
名称Zhong Guo La Mian Xiao Long Bao
営業時間11:30~15:00,17:00~20:30
定休日月曜日、火曜日
屋台番号#02-135

Smith Street Tapsのクラフトビール

smith-street-tapsチャイナタウンコンプレックス

チャイナタウンコンプレックスには実はクラフトビール屋さんがあるんです。その名も『Smith Street Taps(スミス・ストリート・タップス)』、屋台番号#02-062。

チャイナタウンコンプレックスのビール

クラフトビールは常時12種提供。イギリス、アメリカ、南アフリカ、シンガポール、香港など世界中のビールがわずかS$9〜から飲めちゃいます。

チャイナタウンコンプレックスsmith-street-tapsのクラフトビール

常夏の国シンガポールで飲むビールは最高においしい!バーやレストランで飲むと1.5倍〜2倍はするので、安く飲むなら最高のロケーションです。

なお、営業時間は変則的&日曜日は定休日なのでご注意ください。

名称Smith Street Taps(スミス・ストリート・タップス)
営業時間月〜木 18:30~22:30
金 17:00~23:00
土 14:00~22:30
定休日日曜日
屋台番号#02-062

OLD AMOY CHENDOLのチェンドル

old amoy chendol チャイナタウンコンプレックスのチェンドル

こちらはシンガポールの有名なデザートの一つ『チェンドル』をS$2で提供している『OLD AMOY CHENDOL(オールド・アモイ・チェンドル)』です。

old amoy chendol チャイナタウンコンプレックスのチェンドル

荒く削られた氷の上に、

  • あずき
  • パンダンリーフで着色された緑色の米粉ゼリー
  • コールドプレスで絞られたココナッツミルク
  • グラ・マラカ(ヤシの樹液を原料にして作られた黒糖)

などが乗っています。

こちらのチェンドルはすべての具材が手作りされているこだわり派。ココナッツミルクとグラ・マラカの自然な甘さがクセになります。

トッピングの中でも特に注目すべきなのがこちら緑色のゼリー。
日本ではあまり馴染みありませんが、『パンダンリーフ』と言う植物の葉を使って色付け、香り付けされています。つるっとした食感でノド越しもよく、チェンドルに欠かせないトッピングの一つです。

ジブおじ
シンプルで素朴な味わいのデザートです。シンガポールに来たら必食!
名称OLD AMOY CHENDOL
営業時間10:30~20:30
定休日なし
住所335 Smith Street Chinatown Complex#02-008 ホーカー番号:#008

ANN CHINのポピア&クエ・パイ・ティー

ANN CHIN

こちらのお店『ANN CHIN(アン・チン)』もミシュランガイドに掲載されています。人気はポピアとクエ・パイ・ティー!

まずはポピアから!

ANN CHINのポピア

ポピアはニョニャ(プラナカン)料理特集でも紹介しましたが、シンガポール風の生春巻きです。

卵と小麦粉で作られたクレープのような薄皮の中にカブ、ニンジン、キュウリ、レタス、もやし、ピーナツなどが入っており、食べ応え抜群!

食べ方としては、一切れそのまま豪快に一口で食べてください。ふんわりとした薄皮の中からレタスのシャキシャキ、ナッツのカリカリなど、様々な食感が楽しめます。

ANN CHINのポピア
ポピアはとにかく食感が楽しい
関連記事

Junkoこんにちは!シンガポール×日本のハーフJunkoです。今回、私が紹介するのがシンガポールの伝統料理、プラナカン料理(ニョニャ料理)です。プラナカン料理はマレーシアと中国の文化が融合してできた料理なの[…]

シンガポールのおすすめプラナカン(ニョニャ)料理

ANN CHINのクエパイティー

そしてもう一つ食べておきたいのが、見た目も可愛らしいクエ・パイ・ティーです。

クエ・パイ・ティーの中の具はポピアとほぼ同じ具材が使われています。違いは、カップのような見た目の生地を使っている点。ポピアのふんわりした薄皮の生地とまた違い、こちらはサクサクの食感。

シンガポール人にとってはおやつも同然に食べられているものなので、小腹が空いた時などにおすすめです。

名称ANN CHIN(アン・チン)
営業時間8:30~17:30
定休日日曜日、祝日
住所335 Smith Street Chinatown Complex #02-112ホーカー番号:#112

※「価格が間違っている」「お店はもう閉店している」など、記載内容に誤りがある場合は『記事修正リクエスト』からご連絡ください。

シンガポールの観光チケットをお得にゲット
シンガポールの観光チケットが最大52パーセントOFF
楽天グループのクーポンサイト『Voyagin』でシンガポールの観光チケットを最大52%OFFでお得に購入可能!ユニバーサルスタジオ・シンガポールナイトサファリをはじめ約80種類のチケットが定価より安く販売されています。
在住者の編集長も毎回Voyaginで割引チケットを購入!当サイト推奨のチケットサイトです。
チャイナタウンコンプレックスホーカーズおすすめグルメ
更新情報はツイッターでお知らせします♪
スポンサーリンク