Ez-linkカード 完全ガイド

シンガポールの移動に便利なEz-linkカード(イージーリンクカード)。

通常のきっぷを買うより安くMRT(地下鉄)やバスに乗ることができ、しかも改札でピッとかざすだけでよいのでシンガポール旅行の際はぜひゲットしておきたいところ。

この記事では、Ez-linkカードの以下について在住者が解説します。

  • 買い方と購入場所
  • 料金
  • チャージ方法
  • 地下鉄やバスに乗車する方法
  • カードで買い物する方法
  • 払い戻し方法と場所

Ez-linkカードを使うメリット

Ez-linkカードを利用するメリットは以下の3点です。

  1. 割引料金で公共交通機関に乗れる
  2. これ1枚で電車やバスにスムーズに乗れて便利(改札にかざすだけでOK)
  3. 使いきれなかったチャージ分は払い戻しできる

単発のきっぷや旅行者向けのシンガポールツーリストパスなどでも地下鉄やバスに乗車できますが、Ez-linkカードが最もシンプルでスムーズに乗車できます。

関連記事:Ez-linkカードとシンガポールツーリストパス、どっちがおすすめ?

関連記事

Ez-link Card(イージーリンクカード)を購入すべきかシンガポールツーリストパス4種のうちどれかを購入すべきか、迷っていませんか?どれもシンガポールの公共交通機関の乗車が便利になるカードですが、比較がちょっと大変ですよね。[…]

Ez-linkカードとシンガポールツーリストパスの比較。どっちがおすすめ?

Ez-linkカードの買い方と購入場所

Ez-linkカードは以下の2箇所で購入できます。

  1. MRT(地下鉄)のチケットオフィスカウンター(40箇所)
  2. コンビニのセブンイレブン
セブンイレブンに関してはだいたい全店舗で購入できますが、地下鉄はすべてのチケットオフィスで購入できるわけではないのでご注意ください。(購入できる場所は以下記載)
上記のいずれかで、
旅行者
Can I buy EZ-link Card?(キャン アイ バイ イージーリンクカード?)
と聞けば料金(次の見出しで詳しく解説)を言われるので、それを現金またはクレジットカードで支払うだけです。

購入できる場所を以下に記載しています。

ここをタップしてEz-linkカードを購入できるMRTチケットオフィスを見る

北エリア

購入場所営業時間
平日土曜日日曜日祝日
Ang Mo Kio Station8:00~21:00
Bishan Station12:00~19:30(休憩15:45~16:45)休日
Kranji Station12:30~19:30(休憩15:45~16:45)休日
Novena Station12:00~19:30
(休憩15:45~16:45)
12:00~18:00
(休憩15:45~16:45)
休日
Orchard Station12:00~19:30
Sembawang Station12:00~19:30
(休憩15:45~16:45)
12:00~18:00
(休憩15:45~16:45)
休日
Toa Payoh Station12:00~19:30
Toa Payoh Interchange10:00~19:3010:00~17:00休日
Woodlands Station8:00~21:00
Yew Tee Station12:00~19:30
(休憩15:45~16:45)
12:00~18:00
(休憩15:45~16:45)
休日
Yio Chu Kang Station12:00~19:30
(休憩15:45~16:45)
12:00~18:00
(休憩15:45~16:45)
休日
Yishun Station8:00~22:00

西エリア

購入場所営業時間
平日土曜日日曜日祝日
Boon Lay Interchange8:00~21:00
Bukit Batok Station12:00~19:30
(休憩15:45~16:45)
Bukit Merah Interchange12:00~19:30
(休憩15:45~16:45)
Clementi Station8:00~21:00
urong East Station12:00~19:30
(休憩15:45~16:45)
Lakeside Station12:00~19:30
(休憩15:45~16:45)
Tiong Bahru Station12:00~19:30
(休憩15:45~16:45)
休日
Tanjong Pagar Station12:00~19:30
(休憩15:45~16:45)
12:00~18:00
(休憩15:45~16:45)
休日

中央エリア

購入場所営業時間
平日土曜日日曜日祝日
City Hall Station9:00~21:00
Raffles Place Station8:00~21:008:00~17:00祝日
Bayfront Station (CCL)祝日12:00~20:00
(休憩15:45~16:45)

北東エリア

購入場所営業時間
平日土曜日日曜日祝日
Chinatown Station8:00~21:00
(休憩16:00~17:00)
Farrer Park Station12:00~19:30
(休憩15:45~16:45)
HarbourFront Station8:00~21:00
(休憩15:~16:45)
Hougang Station12:00~19:30
(休憩16:00~17:00)
Sengkang Station10:00~21:00
Serangoon Station12:00~19:30
(月曜休み)
(休憩15:45~16:45)
12:00~18:00
(休憩15:45~16:45)
12:00~19:30
(休憩15:45~16:45)
祝日

 

※記載のないチケットオフィスでは購入できません。
※情報は変更の可能性ありますので最新の情報は公式サイト(英語のみ)でご確認ください。

Ez-linkカードの料金

Ez-linkカードは主要MRTのチケットオフィスとセブンイレブンで購入できます。

  • MRTチケットオフィスの料金:S$12(カード代金S$5、チャージ代金S$7)
  • セブンイレブンの料金:S$10(カード代金S$5、チャージ代金S$5)

それぞれカード代金S$5を差し引いた額がチャージされています。つまり、MRTチケットオフィスで購入した場合、実質使えるのはS$7。セブンイレブンの場合はS$5です。

地下鉄やバスの料金は日本と同じで距離に応じて加算されていきますが、中心街の範囲での移動でしたら1回あたり$0.80~$1.00程度で乗車できます。

このように、シンガポールの交通機関は日本と比較するとかなり安いので積極的に活用しましょう!

関連記事:シンガポールの物価を在住者が解説|旅行前にチェック!

購入後は日本のSuicaやPASMOと同じように改札にタップするだけで乗車可能です。なお、カードに入っている額がS$3を下回る場合は券売機でチャージしないといけないのでご注意ください。

Ez-linkカードをチャージする場所と方法

Ez-linkカードは地下鉄のチケットカウンターとセブンイレブンでチャージ可能
Ez-linkカードはMRTとセブンイレブンでチャージできる

Ez-linkカードをチャージする方法は大きく分けて3つあります。

  1. アプリでチャージする(Flash Pay)
  2. セブンイレブンのカウンターでチャージする
  3. MRTの券売機でチャージする

日本人の旅行者に最もおすすめなのが③のMRTでチャージする方法です。

アプリを使ってチャージすることもできますが、言語は英語のみ&現地のクレジットカードでチャージしないと手数料が取られてしまいます。
セブンイレブンも店員さんと会話する必要があるため、英語に慣れていない方にはおすすめできません。

よって、MRTの券売機でチャージする方法が旅行者に最もおすすめです。なお、券売機のスクリーンは英語のみですので、下記にて詳しく解説します。

Ez-linkカードはMRTでチャージ可能
MRTの券売機でチャージするのが一番楽
  1. 券売機のカード置き場にEz-linkカードを置く
  2. 「Select Card Options」という画面に自動でうつる
  3. 右上の「Add Value(All Options)」にタッチする
  4. 「Select Mode of Payment」という画面に自動でうつる
  5. 現金の場合は左の「Cash」を、クレジットカードの場合は右の「Credit/Debit Card」をタッチする
  6. チャージ額をタッチする
  7. 現金なら券売機の右上のお札入れにお札を入れる
    クレジットカードならPINナンバーを入力する
ここをタップして写真付きで手順を見る

①券売機のカード置き場にEz-linkカードを置く

②「Select Card Options」という画面で右上の「Add Value (All Options)」をタッチ

③現金でチャージする場合は左の「Cash」を、クレジットカードでチャージする場合は右の「Credit/Debit Card」をタッチ

④チャージする金額をタッチし、入金して完了

Ez-linkカードで地下鉄(MRT)とバスに乗る方法

Ez-linkカードがあれば地下鉄(MRT電車)とバスにスムーズに乗車することができます。

地下鉄・電車(MRT)

シンガポール 物価 電車 地下鉄 料金

MRTの場合、日本の電車と同じように改札でカードをタッチするだけで乗れます。

  1. S$3以上チャージされたEz-linkカードを準備する(それ以下だと改札は通れません)
  2. 改札にEz-linkカードをタップする
  3. ホームに行き、電車に乗る
  4. 出口の改札にEz-linkカードをタップする(このとき、スクリーンに残額が表示されます)

詳細解説記事:シンガポールの電車の乗り方と料金(リンク工事中)

バス

シンガポールのバスは2階建てで観光客に人気

バスの乗り方は日本と少し異なるので注意が必要です。

  1. S$3以上チャージされたEz-linkカードを準備する(それ以下だと乗れません)
  2. バス停に移動する
  3. 目的のバスが来たら、手を上げ停車の合図をする(合図しないとバスは停まりません)
  4. 前方からバスに乗り、カードリーダーにEz-linkカードをタップする
  5. 目的地に近づいたら、STOPボタンを押す
  6. バス後方のカードリーダーにEz-linkカードをタップし、後方のドアから降りる

料金、ルートの確認方法、注意点などは以下の記事で詳しく解説しています。

解説記事:シンガポールのバスの乗り方と料金

解説記事

こんにちは!シンガポール×日本のハーフJunkoです。シンガポールを旅行する際に使用する交通手段として、地下鉄MRTはとても便利ですが、実は、路面バスもMRTと同じくらい利用価値が高いんです!路面バス利用のメリット:[…]

シンガポールのバスの乗り方と料金

Ez-linkカードで買い物する方法

Ez-linkカードは飲食店やスーパーなどでの買い物やタクシーの支払いに利用することができます。

Ez-linkカードで買い物できる場所(一部)

  • バーガーキング
  • Koi Cafe
  • カールスジュニア
  • Mr. Bean
  • セブンイレブン
  • Cheers(地元のコンビニ)
  • Cold Storage(地元のスーパー)
  • タクシー

Ez-linkカードの支払いに対応しているお店は「NETS FlashPay」というステッカーを貼っているので、それを目印にしてください。

Ez-linkカードで買い物する際の目印は「NETS」
目印の”NETS”と記載されたステッカー

Ez-linkカードの払い戻し場所と返金方法

払い戻し場所:

Ez-linkカードはほとんどのMRT(地下鉄)のチケットオフィスカウンターで払い戻しできます。営業時間はそれぞれ異なりますが、だいたい12:00-17:00の間に行けば大丈夫です。

※参考:チャンギ国際空港(Changi Airport Station)のチケットオフィスカウンターは毎日8:00~21:00まで営業。
※各チケットオフィスカウンターの営業時間は公式サイトで確認できます。

返金方法:

オフィスカウンターに並び、Ez-linkカードを提示して「Refund Please(リーファンド プリーズ)」といえば伝わります。
なお、カード発行代金のS$5は戻ってこないのでご注意ください。(カードの有効期限は5年なのでとっておきましょう)

シンガポールの観光チケットをお得にゲット
シンガポールの観光チケットが最大52パーセントOFF
楽天グループのクーポンサイト『Voyagin』でシンガポールの観光チケットを最大52%OFFでお得に購入可能!ユニバーサルスタジオ・シンガポールナイトサファリをはじめ約80種類のチケットが定価より安く販売されています。
在住者の編集長も毎回Voyaginで割引チケットを購入!当サイト推奨のチケットサイトです。
ez-linkカード(イージーリンクカード)
更新情報はツイッターでお知らせします♪
スポンサーリンク