【意外と安い】シンガポールの物価を在住者が解説|家賃・食事・交通

「世界一物価が高い」という調査もあるシンガポールですが、現地の会社員として働いている身からすると「意外とそうでもない」というのがぼくの結論です。

こんにちは!シンガポール在住のジブリおじさんです。

シンガポールというと、「超ハイテクで世界有数の金融都市」というイメージが強いですが、実際は庶民的な暮らしをしている方がほとんど。生活費もほとんどの日本人が思うほど高くありません。

ただし、モノによっては東京より全然高いのも事実。この記事ではシンガポールの「交通費」、「食費」、「家賃」を現地在住者のリアルな視点でお伝えいたします!

この記事で分かること:

  • シンガポールでの1ヶ月の生活費の体験談(独身サラリーマンの場合)
  • シンガポールの物価(交通費、食費、家賃、通信費)
  • 安く生活するコツ

シンガポールの物価を解説|交通費、食費(食事)、家賃、通信費のリアルな数値

シンガポール在住サラリーマンの1ヶ月の生活費

読者
現地のサラリーマンのリアルな生活費が知りたい!
ジブおじ
それでは、ぼくの1ヶ月の生活費を晒しましょう!
シンガポール在住サラリーマン(会社員)の基本生活費
カテゴリ費用コメント
交通費$60地下鉄・バスのみの場合(タクシーなし)
食費$450一日で$15くらい
家賃$500HDBの一部屋だけレンタル(詳細は後述)
通信費$25スマホの通信費。WiFiは家賃に込み

上記が独身サラリーマンのリアルな生活費です。全部で$1,035(約82,000円)で、「意外と安い」と思った方もいるのではないでしょうか?

ただし、これはあくまで最低限の金額。

  • 郊外のHDB(公営住宅)の一部屋に住んでいて、
  • 食事はホーカーズやフードコートを中心にし、
  • さらにタクシーもあまり使わない

こんな生活であれば毎月8万円くらいで実現可能です。ただし、レストランやタクシーを利用するともっと高くなっていしまいます。

レストランでの食事を1回$20とし、週1回行くと月の食費が+$80。さらにタクシーも1回$15とし、毎週利用すると月の交通費も+$60。
つまり、少し贅沢すると基本生活費+$140。どんなに高く見積もっても+$500くらいです。

ジブおじ
あれ?レストランに行ったりタクシーを利用したりしても、まだそんなに高くないですね笑。

そう、ぼくみたいに固定費(主に家賃)さえ安く抑えることができたらシンガポールに意外と安く住めちゃうんです。

ただし、コンド(ジム・プールつきの高級マンション)に住むと固定費が爆発的に上がったりします。以下から各費用について詳細に説明していきますね。

先に結論!シンガポールの物価まとめ

  • 大衆的なお店での食事、地下鉄・タクシーなどは日本より安い
  • アルコールやタバコは高額な税金がかけられているため日本より高い
  • コンビニは総じて高いがスーパーは日本と同じくらい
  • 日本と同じレベルのマンションに住もうと思ったら1.5〜2倍はする

それでは、まずは交通費から!

シンガポールの物価【交通費】

シンガポールは、すべての交通機関が日本より大幅に安いです。

  • 地下鉄(MRT)
  • バス
  • タクシー

これらの大まかな料金をご紹介します。

地下鉄(MRT)の料金

シンガポール 物価 電車 地下鉄 料金

まず一番身近な「地下鉄(MRT)」の料金ですが、どんなに高くても片道$2.60(約205円)を超えません。

  • EZ Link Card利用の場合(シンガポールのPASMO):$0.83〜$2.08
  • スタンダード・チケットの場合(通常きっぷ):$1.50〜$2.60

つまり、シンガポールの端から端まで地下鉄で移動しても$2.60で済みます。東京で同じことをすると600円はかかるので、シンガポールの地下鉄はだいたい日本の三分の一の料金と言えるでしょう。

こちらの「シンガポールMRT運賃計算サイト」で駅間の詳しい料金が調べられます。

バスの料金

シンガポール バス 料金 物価 移動

バスの料金も地下鉄(MRT)と同じで日本と比較してやすいです。EZ Link Cardでだいたい$0.83〜$2.08ですので気軽に利用することができます。

シンガポールはバスのアクセスも大変よく、ぼく自身も地下鉄だけでアクセスしにくい場面でよく利用します。
例えば、シンガポール動物園やナイトサファリは地下鉄が最寄りにありませんが、路線バスが走っています。

なお、バスはEZ Link Card(日本でいうPASMO)が主流というのは注意すべき点です。現金払いもできますが料金が倍くらいになりますし、お釣りも出ません。

ジブおじ
ちなみに、シンガポール政府はキャッシュレスを推進していて、2020年までには現金支払いを完全に撤廃する計画です。

タクシーの料金

シンガポールはタクシーも安く、初乗りで$4、以降400m毎に$0.25程度です。

こちらの基本料金に深夜料金、ピークタイム料金などが加算される場合がありますが、いずれにしても日本より圧倒的に安いです。日本の1/2-1/3程度の料金で済みます。

タクシースタンドで乗車することもできますが、シンガポールではGrabなどのタクシー配車アプリを利用することが多いです。配車アプリには以下のメリットがあります。

シンガポール タクシーアプリ メリット

  1. 安く利用できる
  2. 現在地まで向かいに来てくれる
  3. アプリで行き先を入力するだけなので英語が話せなくてもOK

こんなメリットが享受できます。ぼくは当初、

ジブおじ
物価の高いシンガポールのことだから、タクシーも激高に違いない。

という先入観を持っていたのですが、実際に住んでみるとビックリするほど安いので週1回は利用しちゃっています。現在地まで迎えに来てくれるので本当に便利なんですよね。

以下の記事でおすすめタクシーアプリを解説しています。

あわせて読みたい

「シンガポールにはどんなタクシーアプリがあるの?」「普通にタクシーを捕まえるより本当に安いの?」「どのアプリがおすすめ?」こんな疑問をお持ちではありませんか?こんにちは!シンガポール在住YouTube[…]

シンガポール タクシー アプリ

シェアサイクルやシェア電動スクーターも普及

シンガポールは新しいテクノロジーが大好き。シェアサイクルやシェア電動スクーターも普及しており、通勤で使う方もいるほどです。

料金も安く、

  • シェアサイクル(Mobike):20分ごとに$0.99
  • シェア電動スクーター(neuron):起動$1。10分ごとに$0.12

それぞれお得なマンスリープランもあります。

電動シェアスクーターの使い方や乗車の様子は以下の動画でご覧ください。

シンガポールの物価【食費(食事)】

「どこで何を食べるか」により大きく前後する食費ですが、大まかな料金は以下のとおりです。

シンガポールの1食あたりの料金:

  • ホーカーズやフードコート:$2.50~$6.50
  • ファーストフード:$7.00~$10.00
  • レストラン(税金+サービス料込み):$15.00~$40.00

現地人と同じようにホーカーズやフードコートばかりで食べていると1日1,000円以内に収めることも可能でしょう。しかし、日本と同じ感覚で食事すると高くつきます。

ジブおじ
ラーメンや唐揚げ定食で最低$15ですからね。しかも税金とサービス料が加算されるので日本の2〜3倍は見たほうがいいです。

ぼく個人的にはローカルのお店でも全然食べれますが(おすすめはこれ)、中には「現地食ムリ」という日本人もいて、その場合は食費が高額になってしまいます。

ちなみに、ファーストフードは日本と同じくらいでしょうか。こちらの動画でシンガポールのマクドナルドのレビューをしていますので参考にしてみてください。

シンガポールのスーパーは安い?高い?

シンガポールのスーパーで売られている食品は日本と同じくらいの料金ですが、一部異なります。

日本より安い食品

  • フルーツ

日本より高い食品

  • お酒、アルコール
  • アイスクリーム

ペットボトル水は$1以下で買えますし、牛乳・卵・お肉・魚も同じくらいの価格帯です。

シンガポールの物価【家賃】

シンガポールに本格的に住もうと思っている方が一番気になるのは家賃ですよね。結論だけいうと、毎月$500で済ませることも可能ですし、逆に$5,000以上かかることもあり、ピンきりです。

シンガポールの家賃はまず「一部屋だけ借りるのか?それともユニットを丸ごと借りるのか?」で相場が大きく異なります。

シンガポールの家賃を決定づける一番の要素:

  1. ユニットの一部屋借りるパターン
    $500~$1,200くらいが相場
  2. ユニットをまるごと借りるパターン
    $1,700~$5,000くらいが相場
ジブおじ
上記の通り、若い現地採用にとって、ユニットをまるごと借りるのは金銭的にかなり厳しいです。

実際に、ぼくと同じ20代・独身の現地採用者はシェアハウス式で滞在している方が多いですね。

駐在員の場合は会社がユニットを丸ごと準備してくれたりしますが、現地採用は管理職・マネージャー職じゃないと厳しいのが実情です。(もちろん例外もありますが)

また、上記以外にも「HDBかコンドか」によっても家賃は大きく異なります。

  • HDB:政府が運用する公営住宅。シンガポール国民の8割がHDBに暮らし、コンドより広い場合が多い
  • コンド:外国人向けの高級住宅。ジムやプールがあり、高級感もあるが、部屋は狭め
  1. どれだけ中心地に近いか
  2. ユニットを借りる場合は何部屋あるか

これらも家賃に影響してきます。

「人による!」という結論だと「なんじゃそりゃ」というツッコミが来そうなので、大体のイメージをお伝えするとこんな感じです。

  • 駐在員
    コンドのユニットを丸ごと借りて$4,000~$6,000
  • 現地採用(20代)
    コンドまたはHDBを一部屋だけ借りて$500~$1,000
  • 現地採用(30代)
    コンドまたはHDBを一部屋だけ借りて$700~$1,200
  • 現地採用(40代、管理職)
    コンドのユニットを丸ごと借りて$3,000~$6,000

シンガポールの物価【通信費】

シンガポールは通信インフラが整っておりケータイの通信費やWiFiは安いです。

ぼくはシンガポール通信会社大手「M1」のSIMカードと契約しているのですが、30GBのデータと1,000分の通話プランで毎月$25(約2,000円)しかかかっていません。ほかの通信会社も似たような料金設定です。

自宅で使うWiFiも月々$40~$60くらい。中には家賃に含まれている場合もあります。(ぼくの借りてる部屋がそうです)

ジブおじ
こうみると、通信費は日本と同じくらいですね!

シンガポールの物価は幅があるが安く生活することも可能

シンガポール 物価

以上、シンガポールの全体的な物価について解説しました。家賃以外は日本と同水準、交通費に関しては日本より大幅に安いことがわかったと思います。

住む場合、やはり一番のネックは家賃になりますが、単身でしたらシェアハウスという形を取ると$500(約4万円)/月で住むことができますし、日本に居た頃より給料が上がる場合も多いので(ぼくがそうでした)、意外と生活しやすい国だと言えるでしょう。

現地で仕事を探す方法

シンガポールで生活するためには現地で仕事を見つけ、就労ビザを入手する必要があります。以下の記事で詳細を公開しておりますので参考にしてみください。

ジブおじ.com

「シンガポールで就職したい!そのためのステップを知りたい」 「就職って難しいの?高卒や新卒でもOK?」 「シンガポール転…

シンガポール 物価 電車 地下鉄 料金
最新情報は編集長のジブリおじさんが呟きます♪
スポンサーリンク